入りやすい婦人科

水辺と妊婦

婦人科と聞くと、どうしても「産婦人科」を思い浮かべ、倦厭しがちな女性も多いかと思います。 ですが、必ずしも産科が併設されていないクリニックも多くなり、名前にも「婦人科」を入れない病院も増えてきています。 では、どういう目的で受診するのか。 生理不順のためや低用量ピルの処方をしてもらうため、という方も多いですが、いずれ子どもを産みたいと考えている方であれば不調がなくても定期的に受診すべきです。 かかりつけ医の病院があれば、いざ妊娠した際にもきちんと紹介状を書いてもらえますし、避妊に失敗したなどのトラブルの際も駆け込みやすいからです。 また、定期的に通って異変の予兆を発見することで、病気が進行する前に対処できるというメリットもあります。

最近、産科を併設しておらず、病院名にも「婦人科」と入れていないクリニックが増えてきています。 これは「妊活」という言葉が聞かれるようになる少し前からですが、いずれ子どもを産みたいと考えている女性や、産婦人科という名では敷居が高いと倦厭しがちだった女性には嬉しい変化です。 特に体調には異変がなくても、定期的に健診は受けておきたいもの。 そんな時に行きやすいのがこうしたクリニックです。 産科を併設していなければ小さい子どもや赤ちゃんの声が気になることもなく、医師が急に不在になって待ち時間が増えることも少ないはずです。 女性として、いざという時に駆け込めるかかりつけの「婦人科」は必要で、こうした変化は女性が生き生きと暮らしていく上で大切なことです。 今まで行きづらいとためらっていた方も、少しは気楽に定期健診などを受診できるのではないでしょうか。