避妊だけではないピル

注射器

みなさんはピルをご存知でしょうか。 避妊具のひとつで女性が毎日同じ時間に飲む事で排卵を起こさせなくするのです。 ピルの避妊率は90%以上と高い数値なので、妊娠を望まないカップルや夫婦などの多くはピルを服用しているという事も多いです。 また、避妊だけでなく、毎月の月経の時期を固定することが出来るので旅行や温泉なども気兼ねなく楽しめるようになります。 そして、ピルを飲む事で生理痛や排卵痛の緩和にも効果がありますので重い生理痛で悩んでいるという方はぜひ一度服用を考えてみるのもいいかもしれません。 また、長く飲み続けたので妊娠しにくくなるといこともなく、服用をやめれば自然妊娠も可能で妊娠まで時間がかかるという事もありません。

それでは、そんなピルはどこで処方してもらえるのでしょうか。 基本的には、産婦人科で上記の理由を言えば処方してもらえます。 初めての処方の場合には血液検査をすることもあります。 また、喫煙者や糖尿病や疑いのある方は服用には注意が必要となります。 ピルは保険適用外なので1か月分でだいたい3000円ほどが相場です。 次に、気になる副作用ですがピルを飲み始めた初期のほうは少なからず副作用が出るととも言われています。 体内のホルモン環境の変化に体が付いていけず起こる事がほとんどだといわれています。 だいたいは、つわりのような症状が出る事が多いことも分かっています。 しかし、手足の震えや、心臓の痛みを感じるようでしたらすぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。 また、まったく副作用の出ない方もいるので様子を見ながら服用してってください。